犬の寝床としての人生

シェアする

ベッドとしてのふくらはぎ その1

リビングに空豆と花豆を放しているとき、いすに座ってしまうとその膝の上にのってこようとするので、あえてこんな姿勢でメールチェックしたりするんです。そうすると、空花ったらわざわざその脚の間に入ってくるのです。

ベッドとしてのふくらはぎ その2

空豆、ちょっと眠いかな。

ベッドとしてのふくらはぎ その3

眠い・・・

ベッドとしてのふくらはぎ その4

寝てないよ!

ベッドとしてのふくらはぎ その5

この間花豆は爆睡。

こうなると身動きが取れず、犬の寝床としての人生を送らざるを得なくなります。

犬の寝床としての人生
せたびぃ! - 世田谷ビーグル協会の最新情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. マロン父 より:

    かわいいねぇ。いいじゃないですか。ビーグルはくっつきむしでもあるんです。

    • SetagayaBeagle より:

      いまも足にまとわりついてます。ちょっとだけ踏まれた足があったかいです(*^_^*)

  2. ラブメロ より:

    花ちゃんは、良く食べ、良く眠り、自然体というか、ちょっと天然で、ホントにかわいいですね。
    甘ったれビーちゃんに、美脚もよろこんでますよね。